肝斑とは

黄色人種は肝斑ができやすい人種と言われています。アジア人は基本的に黄色人種ですので肝斑ができやすく、日本人も当然肝斑が出来やすいという事になります。

 

 

肝斑のできる原因

肝斑のできる原因は色々とあるのですが、殆どの場合「肌ストレス」が原因と言われています。

 

肌ストレスとは紫外線やホルモンの影響、掻きむしりなどによるお肌へのストレスで、これらのストレスによりメラニン色素が生成され肝斑が出来やすくなるそうです。

 

また、単なる日常生活でのストレスもホルモンバランスなどを崩してしまう事が多く、やはり肝斑の原因になりやすいといわれています。

 

紫外線対策は大切

暑い夏だけでなく、春先や冬でも紫外線対策を心がけ、不規則な生活をしない事を心がけてできるだけホルモンバランスを乱さないように心がける事が重要です。特に紫外線対策は重要で、肝斑は紫外線を受けると悪化してしまいますので、日常生活で紫外線対策を心がけましょう。

 

一時的に治っても再発する事も多いので、油断は禁物です。

 

「新安定型ハイドロキノン」使用のアンプルール