ハイドロキノン使用に関して安全な濃度とは?

ハイドロキノン成分が美白やシミ改善の高い成分として注目を集めていますよね。
ですが効果は高いのですがその分、副作用も出やすいとされています。
そんなハイドロキノンはどのくらいの濃度が安全なのでしょうか?

 

5%以上の高濃度でも、化粧品などは安全化されたハイドロキノンを使用しています。
それ以下の3%〜4%は中間程度で、この濃度で販売されている化粧品が一番多いですね。

 

そして低濃度は1%の濃度です。
皮膚への負担が少ないのは1%ほどになります。
中濃度のものでも低刺激なのですが、効果を最大限にして刺激を最低限にしたものとなります。

 

肌の弱い人で副作用を気にする人は濃度1%が一番安全かと思います。
ハイドロキノン入りの化粧品や薬を使用する時は濃度の記載を見てくださいね。

 

ハイドロキノンはシミの改善や美白効果として評価の高い成分となっています。
自分に合うか合わないかは使ってみないとわからないので、まずはサンプルやトライアルセットがあるものを選ぶといいでしょう。

 

ハイドロキノン1.9%配合のb.glenトライアルセットはコチラ

↓↓↓↓↓↓↓ 公式サイト ↓↓↓↓↓↓↓